« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

迷い込み、ほうとう。

吉田のうどんを後にし、車を走らせる。

それにしても、山梨は寒い。息は白いし、雪が積もってる所もあるじゃないか。

でだ。目的地も決めず走っていたら、たどり着いた。

迷い込み、ほうとう。

浅間茶屋。
迷い込み、ほうとう。
おいおい、随分と立派な店じゃないか。
ここで「ほうとう」を食べることにした。
ほうとうは、鍋みたいなもんだ。
間違いなく、旨い。

腹一杯食べて眠くなったせいか、言い出しっぺが呟いた。
「帰り、運転だるい…」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

うどん、食べ行こ。

大学の友達からメールが来た。
「山梨に、うどん食べに行こう」
うん、行こう!
こういう軽い誘いは大好きだ。
何をするとかは重要じゃない。
行けば楽しいんだから。
そして着いた山梨県。
うどん屋がたくさんある…
どこに行けばいいか分からないから、とりあえずコンビニで聞いた。
紹介された先がここ

うどん、食べ行こ。

吉田のうどん。
うどん、食べ行こ。
肉うどんを注文。
私は何を食べても基本的には美味しいから
味の解説はなし(笑)

よし、ハシゴだ
次行こう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都、弾丸ツアー。

紅葉の季節、
学生生活もあとわずか。
私は中学時代からの友人と京都へ行く計画を立てた。
と言っても、最近は遊んでばかりで懐が寂しい。
まともに行っては、それこそ貯金も底をつく。
そこで一人8000円の格安ツアーを申し込んだ…

そして、今日が当日というわけだ。

コースとしては、
「知恩院→円山公園→八坂神社→高台寺→八坂の塔→清水寺」
これを滞在時間4時間で歩いて回るわけだ。

今回の私たちの目的は清水寺で紅葉を見ること。
写真を撮ったりアイスを食べたりしながらも
足早に清水寺を目指した。
案外、順調だった。

京都、弾丸ツアー。

一般観光客と修学旅行生でかなり賑わっていた。
まぁ、いつ来ても混んでる気もするが。
でも、綺麗だ。
気持ちがいい。
なんなんだろうなぁ、この感じ。
うまく説明できないけど、楽しくて、落ち着く。
だから何回も来たくなる。
京都、弾丸ツアー。

そして、清水寺に来たら必ず立ち寄れ地主神社。
去年も訪れた、縁結びの神様。
私にとって御利益があったかどうかは定かではないが…
くっついたり、離れたり、時々違ったり…
でも、今日も一緒に京都まで来てくれる人がいたわけで…
御利益はあったなぁ…
あとは、努力が足りなかった。

と言うわけで、去年の御守りを返納し、今年も同じものを買った。

今度はチャンスを無駄にしない(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

曲がれ!スプーン

曲がれ!スプーン

映画「曲がれ!スプーン」を観てきました。

「サマータイムマシンブルース」(以下STB)のスタッフが再集結したということで非常に楽しみにしていたこの作品。

作品全体の流れとしてはもう少しテンポを早くしてもらってもよかったかなぁ…という印象。

ですが、STBを観たことがある人には嬉しい小ネタが満載でした。

まず、ロケ地が同じでしたね。STBでSF研のアイツらが住んでいた街が
今回の舞台でもあります。
SF研の一人、ソガがケーキ屋でバイトをしています。相変わらず「pilot」Tシャツを着ていますね(笑)

そしてコーモト、ソガ以外の3人がタイヤキのあんこについて
会話している場面もありますが
「白とか黒とかどっちでもいいよ!」
このセリフ、STBのSF研の部室でオセロをやっている時も言っていましたね(笑)

あと、ホセとオカッパ未来人も出てきましたが
ホセはまだタイムマシンを完成させていないんですね。

それからギンギンがちゃんと薬局に置いてありました(笑)

で、最後のUFOが飛んでくるシーン。
校舎(?)の上をUFOが飛んだ時、SF研の部室の窓が光りましたが
誰かがタイムスリップしてきたのでしょうか…

一応、私が気付いた点はこれ位ですが、
他にもありそうですね。
DVDの発売が待ち遠しいです。

STB関連のことばかりに触れてしまいましたね(笑)

要するに「STB」を2回通り観てから「曲がれ!スプーン」を観れば
倍以上楽しめるということです。

さて、お茶漬けでも食べようか…
曲がれ!スプーン
あっ!!スプーンが…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冬が、始まるよ。

冬が、始まるよ。
ららぽーとの駐車場に巨大ツリーが立ったようですね。

眩いイルミネーション。

あと1ヶ月でクリスマスか…

まだあまり寒くないから実感が湧かないのは私だけ…?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひまわり。

小國神社で紅葉を見た帰り、

以前10月にも行った
ひまわり畑を再び訪れてみました。

11月も下旬になるし
いくら10月に種をまいたとはいえ
さすがにもうないかな…
と思っていたのですが

ひまわり。
意外にも
前回よりも成長して見頃をむかえていました!

これはすごい…

来年もまた来るね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

紅葉。

紅葉。

今年も紅葉の季節。

私は昨年同様に小國神社へ行ってきました。

現地は観光バスから
多くの観光客が降りてきて

大変な賑わいでした。

肝心な紅葉も
今年は散る前に来ることができたので

とても綺麗に見ることができました。
紅葉。
そして、ここで売っていた「もんじゃまん」

非常においしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人件費、削減。

「100年に1度の不況」と言われる現代社会、

ついに我がバイト先にも不況の波がやってきた。

人件費削減。

必要最低限の人数でシフトを組むことになり

各個人の労働時間が減り、

中には解雇されたバイトもいる。

私は学生であり、割とどんな時間帯にも融通のきくオールマイティーカードなため

クビは免れたのだけど

正直、私が卒業するまで働けるのか

今の状況ではかなり心配です。

まぁ、心配しても何も変わりませんし、

潰れるなら、それも運命…

役目を終えたということでしょう。

なんとかなる…かな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

獅子座流星群。

獅子座流星群…

私がまだ小学生だった時にも話題になったなぁ。

みんなで友達の家の畑に集まったけど、

あの頃は
夜に友達と会えるのが嬉しくて

騒いでお菓子食べて遊んで…

結局、一つも流れ星を見なかったなぁ(笑)

今は、一応大人ですから、ちゃんと観測しましたよ!

オリオン座流星群よりも数が多くて
いくつ流れたか途中で忘れてしまいましたけど…

あぁ、眠いな…
今日もバイトだ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

掛川城と、猫。

掛川城と、猫。

今日は掛川城へ行くことにした。

人の少ないのんびりとした場所。

天守閣から眺める掛川の街並みが綺麗で

吹き抜ける風が心地良かった。
掛川城と、猫。

なぜか、
掛川城の周辺にはピアスのようなものを付けた猫がたくさんいた。

保護・管理されているのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大道芸ワールドカップのはずが…

「静岡の大道芸ワールドカップを観に行こう!」
友人からの誘いで

私たちは駿府公園を目指すことにしました。

自ら行こうとまでは思っていませんでしたが

確かに面白そう。

行ってみる価値は十分にあります。

一同が楽しみに目的地へ向かう道中、

友人の一人が
「あ!おじいさんが倒れた!」と言った。

一瞬、意味がわからなかったが

そのままの意味。

確かに老人が歩道で倒れて痙攣を起こしている。

友人はその瞬間を目撃したのだ。

すぐに車を停めてお爺さんの元へ駆け寄った。

意識はある。

とりあえず119番通報。

その間友人は
喉を詰まらせないようにお爺さんの体を横にしてくれた。

私が救急隊に連絡をとっている間に

ロードレーサーに乗った
男性が助太刀に来て脈を計ってくれた。

通報から数分後、
救急車が到着し

お爺さんは運ばれていった。

いつの間にか人が集まってきており、

友人の車がもともと凹んでいたせいで

どうやら私たちが人身事故を起こしたと勘違いされていたらしい。

私たちは救急車を見送り、
ロードレーサーの男性にお礼を告げ、
再び駿府公園を目指す。

静岡駅周辺に来ると

開けた窓から綿あめのような甘い香りが入って来る。

出店も出ているだろうから、きっとその匂いだろう。

しかし、しばらく走っても綿あめの香りは消えない。

「静岡は常に綿あめの匂いがする街」そんな冗談を言っていると

友人が
「ギアが4でも全然速度が上がらない!」と言った。

私が
「この綿あめの匂い、まさかこの車じゃないよね?(笑)」

その瞬間、ボンネットから白煙が出た。

みるみるうちにスピードが落ち、今にも止まりそうだった。

すぐに歩道に車を停めた。

ちょうど近くにガソリンスタンドがあったので

どうにかならないか聞きに行くと

(エンジンを冷ます)水とエンジンオイルがほとんどなくなっていたらしい。

大道芸ワールドカップのはずが…
応急処置をしてもらい

エンジンがかからないので
車を押しながらの
押しがけをした。

結局、この日はそのまま帰ることに。

大道芸を観ることもできず、
車が故障してしまった友人にとっては

災難な1日となってしまった。

だが、私にとっては
倒れたお爺さんを助け
壊れた車を押したりと

B級映画のような1日となり

なかなかの冒険だったと思う。

大道芸ワールドカップのはずが…
あのお爺さんは無事だったのか、

あのロードレーサーの男性は今もどこかで風になっているだろう。

そして、この車はこれからどんな運命を辿るのだろうか…

The answer is blowin' in the wind.

答えは風の中…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »